バトルドリーム利用規約

更新

バトルドリーム

このバトルドリーム利⽤規約、プライバシーポリシー、本アプリ内の指⽰、注意、FAQ、その他、本サービスの利⽤条件に関する記載(総称して、以下「本規約」といいます)は、株式会社Arii(以下「当社」といいます)と、当社が提供するバトルドリームおよびそれに関連する⼀切のサービス(理由の如何を問わずサービスの名称⼜は内容が変更された場合は、当該変更後のサービスを含み、以下「本サービス」といいます。また、本サービスのために当社が提供するアプリを、以下「本アプリ」といいます)を利⽤するユーザー(以下「ユーザー」といいます)との間の、本サービスの利⽤条件を定めるもので、本サービスを利⽤するすべてのユーザーに適⽤されます。

 

バトルドリームとは

バトルドリームは、ユーザーが無料でゲームを遊びながら、または有料または無料でガチャを遊びながら、商品を獲得する機会も得ることができるプラットフォームです。バトルドリームは、有名なゲームタイトルに依存するのでなく、魅力的な大会等を企画し運営することによって、ユーザーに楽しんで頂くサービスです。ユーザーがゲームを通じて無料で商品を獲得する場合にも、それは運営会社が提供しているものではありません。スポンサーによって提供されるスポンサー料や広告主から提供される広告料を原資としています。ご希望者のために広告配信スキップ料をお⽀払いいただければ広告をスキップしてゲームに参加できる仕組も用意してありますが、広告配信スキップ料は商品の原資とは無関係です。さらに広告配信スキップ料を使えば使うほど商品を獲得しやすくなったり、ゲームが強くなったりするようなことはありません。バトルドリームはスポンサーや広告主によって支えられているサービスであり、ユーザーが広告を閲覧することもサービス継続のための重要な要素となります。万⼀、バトルドリームの趣旨を取り違えて、広告配信スキップを繰り返す行為や、ギャンブルであると思われる利用の仕方をされている場合には、バトルドリームのご利⽤をお断りすることがあります。また、ガチャはさまざまな価格帯の商品を所定の価格のチケットでご購入頂くサービスとなります。ガチャで購入できる商品はあらかじめわかりませんが、それを前提にお楽しみください。

 

1. 本規約への同意

ユーザーは、本規約に同意し、本規約に従って本サービスを利⽤するものとします。ユーザーは、本サービスを実際に利⽤することにより、本規約に同意したものとみなされます。

 

2. 本規約の変更

当社は、いつでも必要に応じて本規約を変更することができます。当社は、本規約を変更する場合には、変更の内容及び変更の効⼒発⽣時期を、当該効⼒発⽣時期までに当社の定める⽅法で告知するものとします。ユーザーは変更後の本規約に同意しない場合、本サービスの利⽤を継続することはできませんので、直ちに本規約及び所定の⼿続にしたがって本サービスから退会してください。ユーザーは、告知された効⼒発⽣時期以降に本サービスを実際に利⽤することにより、変更後の本規約に同意したものとみなされます。

 

3. 未成年者による利用

17歳未満の未成年者は本サービスを利⽤することはできません。ユーザーが17歳以上の未成年者の場合、親権者など法定代理⼈の同意を得なければ本サービスを利⽤することはできません。

 

4. アカウント

  1. ユーザーは、本サービスを利⽤するために、当社の定める⼿続きにより本サービスのアカウント(以下「アカウント」といいます)を作成する必要があります。
  2. ユーザーは、当社の定める⼀定の情報(以下「登録情報」といいます)を当社の定める⽅法で当社に提供することにより、当社に対し、本サービスのアカウントの登録申請をすることができます。
  3. アカウントの登録申請は必ず本サービスを利⽤する個⼈⾃⾝が⾏わなければならず、代理⼈による登録申請は認められません。ユーザーは、アカウントの登録申請にあたり、ユーザーに関する真実かつ正確な情報を登録する必要があり、ユーザーが登録した情報に虚偽、誤り、不⾜があった場合には当社は登録を拒否し、⼜は登録済みのアカウントを削除します。また登録した情報の虚偽、誤り、不⾜により⽣じる不利益や損害について当社は⼀切責任を負いません。
  4. 当社は、第2項に基づき登録申請した者が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、登録を拒否し、アカウントを作成しないことがあります。
    1. 本規約に違反するおそれがあると当社が判断した場合
    2. 当社に提供された登録情報の全部⼜は⼀部につき虚偽、誤り、不⾜があった場合
    3. 過去に本サービスのアカウントを取り消された者である場合
    4. 未成年者、 成年被後⾒⼈、被保佐⼈⼜は被補助⼈のいずれかであり、法定代理⼈、後⾒⼈、保佐⼈⼜は補助⼈の同意等を得ていなかった場合
    5. 反社会的勢⼒等(暴⼒団、暴⼒団員、暴⼒団準構成員、暴⼒団関係企業、総会屋、社会運動等標ぼうゴロ、特殊知能暴⼒集団その他暴⼒、 威⼒⼜は詐欺的⼿法を使⽤して経済的利益を追求する集団⼜は個⼈を意味します。以下同じ)である、⼜は資⾦提供その他を通じて反社会的勢⼒等の維持、運営若しくは経営に協⼒若しくは関与する等反社会的勢⼒等との何らかの交流若しくは関与を⾏っていると当社が判断した場合
    6. その他、当社が登録を適当でないと判断した場合
  5. 当社は、前項その他当社の基準に従って、ユーザーの登録の可否を判断し、当社が登録を認める場合にアカウントを作成します。アカウントの作成によりユーザーとしての登録は完了し、本規約の諸規定に従った本サービスの利⽤契約(以下「利⽤契約」といいます)がユーザーと当社の間に成⽴します。
  6. ユーザーは、登録情報に変更があった場合は、遅滞なく、当社の定める⽅法により、当該変更を当社に通知するものとします。また変更内容の確認のために当社が資料を求めた場合には速やかに当該資料を提出するものとします。
  7. ユーザーは、自己の責任において、アカウントのID・パ スワードなどの ログイン情報を秘密として厳重に管理する必要があります。当社はIDとパスワードを⽤いてログインされた場合、当該アカウントを保有するユーザーによってアカウントが使⽤されたとみなし、アカウントが不正に利⽤されたことにより⽣じる不利益や損害については責任を負いません。
  8. ユーザーは、当社の定める⼿続によりいつでも作成したアカウントを削除することによって、本サービスの利⽤契約を解消することができます。なお、ユーザーが本サービスの利⽤契約を解消した場合、当社は、当該ユーザーの利⽤履歴、購⼊履歴、その他のデータを削除することができるものとします。また、ユーザーのチケット及びバドルはアカウントの削除により全て消滅します。
  9. 前項の規定のほか、当社は、最終のログインから1年間以上ログインをしていないユーザーについては、アカウントを削除し、当該ユーザーの利⽤履歴、購⼊履歴、その他のデータ(チケット及びバドルのデータを含む)を削除することができます。

 

5.  バドル

  1. バドルとは、当社がユーザーに付与するもので、当社の指定する条件と⼿続によってチケット、当社の⽤意する商品、⾦銭等に交換することができるものを⾔います。当社はユーザーの保有する未使⽤のバドルをいつでも取り消したり、バドルを他のものに交換する条件や⼿続を変更したりすることができるものとし、未使⽤のバドルは何ら確定した特定の権利を表象するものではないことをユーザーは承認するものとします。
  2. 当社は⼤会・試合の 結果等に応じて当社の裁量でユーザーにバドルを付与することができるものとします。
  3. ユーザーは当社が条件と⼿続を定めた場合に、保有するバドルを、チケット、 商品⼜は⾦銭に交換することができるものとします。
  4. 当社は、次のいずれかに該当する場合は、バドルの付与を停⽌し、付与済みのバドルを消滅させ、バドルの他のものへの交換を拒絶し、交換済みの商品や⾦銭の返還を求めることができるものとします。
    1. バドルが偽造⼜は変造されたものである場合
    2. 不正⾏為等、不正な⼿段によってバドルを取得した場合
    3. 当社の錯誤、過誤等(プログラムの不具合を含む)により誤ってバドルが付与された場合や保有数量を誤って記録した場合
    4. ユーザーが本規約に違反しアカウントが取り消された場合
  5. バドルを 商品⼜は⾦銭に交換する場合、ユーザーは当社が指定する情報を正しく提供しなければならないものとします。
  6. ユーザーが前項に違反し、真実かつ正確な情報を提供しなかった場合、当社はバドルの交換を⾏わず、当該交換対象とされたバドルを消滅させることができるものとします。
  7. 消滅したバドルについては、当社は何らの補償も⾏わないものとします。
  8. 当社は、バドルが交換される商品⼜は⾦銭については、広告収⼊等、⼤会 ・試合に参加したユーザー以外の者から当社に⽀払われた⾦額を原資とし、ユーザーが当社に対して⽀払った⾦銭を原資にはいたしません。
  9. 取得後6ヶ月が経過した時点で交換が行われなかったバドルは、当社の定める基準に従って原則としてチケットに転換されるものとします。
  10. バドルを 保有する権利は、譲渡その他の処分及び質権その他の担保権を設定することはできないほか、相続の対象とはなりません。

 

6. 情報の取扱い

当社は、法令及び当社のプライバシーポリシーに従って、ユーザーから取得した個⼈情報を適切に取扱います。

 

7.  利⽤条件等

  1. 本サービスを利⽤するために必要な携帯端末や通信回線などは、ユーザーの責任と費⽤で準備していただきます。また、ユーザーは⾃⼰の本サービスの利⽤環境に応じて、コンピューター・ウィルスの感染の防⽌、不正アクセス及び情報漏洩の防⽌等のセキュリティ対策を⾃らの費⽤と責任において講じるものとします。
  2. 当社は、ユーザーの年齢、使⽤する携帯端末、通信環境などによって、本サービスの利⽤を⼀部制限することがあります。また、ユーザーは、本サービスを利⽤する権利を譲渡、貸与、再許諾、相続、その他の⽅法により第三者に承継⼜は⾏使させることはできません。
  3. 当社は、いつでも必要に応じ、本サービスの内容、仕様、有効期間、その他の提供条件を変更すること(終了することを含みます)ができます。
  4. 当社は、本サービスに当社⼜は第三者の広告を掲載することができます
  5. 本サービスは、外部サービス⼜は外部事業者が提供するコンテンツを含む場合があります。かかるサービス⼜はコンテンツに対する責任は、これらを提供する外部事業者が負います。また、かかるサービス⼜はコンテンツには、これらを提供する外部事業者が定める利⽤規約その他の条件が適⽤されることがあります。
  6. 本サービスは、当社⼜は他の事業者が運営するゲームをプレイしてその勝敗を競うオンライン上のイベント(以下、当社がオンライン上で開催する⼤会にユーザーが参加する形式のものとユーザー間で申し合わせて対戦する形式のものを総称して「⼤会・試合」といい、⼤会・試合の対象となるゲームを「対象ゲーム」といいます)を含みます。対象ゲームの利⽤には、当該対象ゲームについての利⽤規約その他の利⽤条件も適⽤され、⼤会・試合に参加するユーザーはこれを遵守するものとします。

8. チケット

  1. 当社は、当社の裁量で、⼀定の条件を充⾜したユーザーに対して本サービス内で使⽤することができる無償のチケットを付与することができるものとします。また、ユーザーは、当社が別途定める⽅法に従って、本サービス内で使⽤することができる有償のチケットを購⼊することができます。
  2. ユーザーは、チケットを、⼤会・試合・ガチャに参加するため、その他当社が別途定める⽬的のため、当社が定める⽅法で使⽤することができます。
  3. 当社は、次のいずれかに該当する場合は、チケットの使⽤を停⽌し、⼜はチケットを失効させることができるものとします。
    1. ユーザーが不正な⽅法によりチケットを取得し、⼜は不正な⽅法で取得されたチケットであることを知って使⽤する場合
    2. チケットが偽造⼜は変造されたものである場合
    3. ユーザーが本規約に違反した場合
    4. 前各号に掲げるほか、当社がチケットの使⽤の停⽌を必要と判断した場合
  4. 当社は、法令に基づく場合を除き、チケットの換⾦及び払い戻しを⾏わないものとします。
  5. チケットは、本規約で定めるほか、譲渡その他の処分及び質権その他の担保権を設定することはできません。
  6. ユーザーは、有償のチケ ットの対価の⽀払を遅滞した場合、年14.6%の割合による遅延損害⾦を当社に⽀払うものとします。

9. 禁⽌事項

ユーザーは、本サービス⼜は対象ゲームの利⽤にあたり、以下の⾏為をしてはなりません。ユーザーの⾏為が、以下の⾏為に該当するか否かは当社が合理的な裁量により判断します。当社が禁⽌ ⾏為を確認した場合、本規約の定めに基づき、何ら催告なしに利⽤機能の制限やアカウントの 停⽌及び削除等の措置を⾏うことができます。なお、禁⽌⾏為が繰り返された場合、⼜は当社が悪質だと判断する禁⽌⾏為が⼀度でもなされた場合には、無期限のアカウント停⽌措置を含めた厳格な対応を⾏います。これらの措置は、本サービスをご利⽤されるお客様の利⽤環境向上のため、実施するものです。何卒ご理解くださいますようお願いいたします。

※ 禁⽌⾏為に該当するか否か、該当するおそれがあるか否かは、当社の判断によります。

※ これらの措置が⾏われた場合であっても、当社は、これらの措置を⾏うに⾄った理由や経緯等を含め、個別の質問には回答いたしません。

※ 無期限のアカウント停⽌措置を受けた場合、以後、本サービスを利⽤することは⼀切できません。なお、その場合も、バドルや他のアイテムの現⾦への払い戻し、⾦券等への交換はいたしません。

  1. 本規約に違反する⾏為
  2. 法令に違反する⾏為
  3. 公の秩序⼜は善良の⾵俗を害するおそれのある⾏為
  4. 反社会的勢⼒等に対する利益供与その他の協⼒⾏為
  5. 犯罪⾏為及び犯罪予告、犯罪の指南その他犯罪を惹起する⾏為
  6. 賭博を⾏う⾏為(本サービスの外部で賭博に該当する⾏為を⾏う場合を含みます)
  7. 異性交際に関する情報を送信する⾏為
  8. 当社⼜は第三者の知的財産権、肖像権、プライバシー、名誉、その他の権利⼜は利益を侵害する⾏為
  9. 当社が意図しない⽅法で本サービスに関連して利益を得ることを⽬的とする⾏為
  10. 本サービスを利⽤して反社会的な内容を含み他⼈に不快感を与える表現を投稿、送信、公表等する⾏為
  11. 本サービスの運営⼜は他のユーザーによる本サービスの利⽤を妨害し、⽀障を与える⾏為
  12. 本サービス⼜は対象ゲームのバグや誤作動を誘引⼜は利⽤する⾏為
  13. 本サービス⼜は対象ゲームのシステムへの不正なアクセス、データの書換え若しくは消去⼜は過度な負荷をかける⾏為
  14. BOT、チートツール、その他の技術的⼿段を利⽤して本サービス⼜は対象ゲームを不正に操作する⾏為
  15. 複数のユーザーが談合して、あるいは個⼈が複数のPCを⽤いて、勝率など試合内容・戦績を操作し、不正を⾏う⾏為
  16. 不適切な改造をした携帯端末やOSで本サービス⼜は対象ゲームを利⽤する⾏為
  17. コンピュータウィルスその他の有害なコンピュータプログラムを送信する⾏為
  18. 本アプリのリバースエンジニアリング、その他ソースコードの解析等を⽬的とする⾏為
  19. 当社、第三者⼜は架空の⼈物になりすます⾏為
  20. 故意に虚偽のデータ等を公開⼜は投稿する⾏為
  21. 他⼈の個⼈情報、登録情報、利⽤履歴情報などを、不正に収集、開⽰⼜は提供する⾏為
  22. 宣伝、広告⼜は勧誘⾏為
  23. 性⾏為やわいせつな⾏為を⽬的とする⾏為
  24. ⾯識のない異性との出会いや交際を⽬的とする⾏為
  25. 他のユーザーに対する嫌がらせや誹謗中傷を⽬的とする⾏為
  26. 複数のゲームアカウントを利⽤する⾏為
  27. 前各号の⾏為を援助⼜は助⻑する⾏為
  28. その他、当社が不適切と判断する⾏為

10. ユーザーの責任

  1. ユーザーは、ユーザー⾃⾝の責任において本サービスを利⽤するものとし、本サービスにおいて⾏った⼀切の⾏為及びその結果について⼀切の責任を負うものとします。
  2. ユーザー同⼠のトラブルについては、ユーザー⾃⾝が解決するものとし、当社は⼀切対応せず、⼜は関与しません。
  3. ユーザーは、本規約に違反することにより、⼜は本サービスの利⽤に関連して当社に損害を与えた場合、当社に対しその損害を賠償しなければなりません。
  4. ユーザーが、本サービスに関連して他のユーザー、外部事業者その他の第三者からクレームを受け⼜はそれらの者との間で紛争を⽣じた場合には、直ちにその内容を当社に通知するとともに、ユーザーの費⽤と責任において当該クレーム⼜は紛争を処理し、その経過及び結果を当社に報告するものとします。
  5. ユーザーによる本サービスの利⽤に関連して、当社が、他のユーザー、外部事業者その他の第三者から権利侵害その他の理由により何らかの請求を受けた場合は、ユーザーは当該請求に基づき当社が当該第三者に⽀払を余儀なくされた⾦額を賠償しなければなりません。 

11. ⾮保証と責任限定

  1. 当社は、本サービスに事実上⼜は法律上の瑕疵(安全性、信頼性、正確性、完全性、有効性、特定の⽬的への適合性、セキュリティなどに関する⽋陥、エラーやバグ、権利侵害などを含みます)がないことを明⽰的にも黙⽰的にも保証しておらず、当社はユーザーに対して、かかる瑕疵を除去して本サービスを提供する義務を負うものではありません。
  2. ユーザーが当社から直接⼜は間接に、本サービス、当社ウェブサイト、本サービスの他のユーザーその他の事項に関する何らかの情報を得た場合であっても、当社はユーザーに対し本規約において規定されている内容を超えて如何なる保証も⾏うものではありません。
  3. 本サービスは、外部サービスと連携することがありますが、かかる連携を保証するものではなく、外部サービスとの連携の⽀障等について、当社の責に帰すべき場合を除き、当社は⼀切の責任を負いません。
  4. 本サービスが外部サービスと連携している場合において、ユーザーは外部利⽤規約を⾃⼰の費⽤と責任で遵守するものとし、その違反によってユーザーと当該外部サービスを運営する外部事業者との間で紛争等が⽣じた場合でも、当社は当該紛争等について⼀切の責任を負いません。
  5. ユーザーは、本サービスを利⽤することが、ユーザーに適⽤のある法令、業界団体の内部規則等に違反するか否かを⾃⼰の責任と費⽤に基づいて調査するものとし、当社は、ユーザーによる本サービスの利⽤が、ユーザーに適⽤のある法令、業界団体の内部規則等に適合することを何ら保証するものではありません。
  6. 当社は、当社の合理的な⽀配の及ばない状況(⽕事、停電、ハッキング、コンピューターウィルスの侵⼊、地震、洪⽔、戦争、疫病、通商停⽌、ストライキ、暴動、物資及び輸送施設の確保不能、政府当局による介⼊、指⽰若しくは要請、⼜は内外法令の制定若しくは改廃を含みますがこれらに限定されません。)により利⽤契約上の義務を履⾏できない場合、その状態が継続する期間中ユーザーに対し債務不履⾏責任を負わないものとします。

12. 本サービスの停⽌等

  1. 当社は、以下のいずれかに該当する場合には、ユーザーに事前に通知することなく、本サービスの利⽤の全部⼜は⼀部を停⽌⼜は中断することができるものとします。

    1. 本サービスに係るコンピューター・シス テムの点検⼜は保守作業を定期的⼜は緊急に⾏う場合
    2. コンピューター、通信回線等が事故により停⽌した場合
    3. ⽕災、停電、天災地変などの不可抗⼒により本サービスの運営ができなくなった場合
    4. 外部サービスに、トラブル、サービス提供の中断⼜は停⽌、本サービスとの連携の停⽌、仕様変更等が⽣じた場合
    5. その他、当社が停⽌⼜は中断が必要と判断した場合
  2. 当社は、当社の合理的な判断により、本サービスの提供を終了することができます。この場合、当社はユーザーに事前に通知するものとします。
  3. 当社は、本条に基づき当社が⾏った措置に基づきユーザーに⽣じた損害について⼀切の責任を負いません。

13. 権利帰属

当社ウェブサイト、本アプリ及び本サービスに関する所有権及び知的財産権は全て当社⼜は当社にライセンスを許諾している者に帰属しており、本規約に定める登録に基づく本サービスの利⽤許諾は、本規約において明⽰されているものを除き、当社ウェブサイト、本アプリ⼜は本サービスに関する当社⼜は当社にライセンスを許諾している者の知的財産権の譲渡⼜は使⽤許諾を意味するものではありません。ユーザーは、いかなる理由によっても当社⼜は当社にライセンスを許諾している者の知的財産権を侵害するおそれのある⾏為(逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリングを含みますが、これに限定されません)をしないものとします。

 

14. アカウントの取消等

  1. 当社は、ユーザーが、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、事前に通知⼜は催告することなく、当該ユーザーについて本サービスの利⽤を⼀時的に停⽌し、⼜はアカウントを取り消すことができます。
    1. 本規約のいずれかの条項に違反した場合
    2. 登録情報に虚偽の事実があることが判明した場合
    3. 当社、他のユーザー、外部事業者その他の第三者に損害を⽣じさせるおそれのある⽬的⼜は⽅法で本サービスを利⽤した、⼜は利⽤しようとした場合
    4. 外部利⽤規約に違反したことその他の理由によって、ユーザーが外部事業者から、そのサービスの提供や連携を受けられなくなった場合
    5. 法令に抵触する⾏為を⾏った場合
    6. ⼿段の如何を問わず、本サービスの運営を妨害した場合
    7. ⽀払 停⽌若しくは⽀払不能となり、⼜は破産⼿続開始、⺠事再⽣⼿続開始、会社更⽣⼿続開始、特別清算開始若しくはこれらに類する⼿続の開始の申⽴てがあった場合
    8. ⾃ら振出し、若しくは引受けた⼿形若しくは⼩切⼿につき、不渡りの処分を受けた場合、⼜は⼿形交換所の取引停⽌処分その他これに類する措置を受けた場合
    9. 差押、仮差押、仮処分、強制執⾏⼜は競売の申⽴てがあった場合
    10. 租税公課の滞納処分を受けた場合
    11. 死亡した場合⼜は後⾒開始、保佐開始若しくは補助開始の審判を受けた場合
    12. 最終のログインから1年間以上本サービスの利⽤がない場合
    13. 第5条第4項各号に該当する場合
    14. その他、当社がユーザーとしての登録の継続を適当でないと判断した場合
  2. 前項各号のいずれかの事由に該当した場合、ユーザーは、当社に対して負っている債務の⼀切について当然に期限の利益を失い、直ちに当社に対して全ての債務の⽀払を⾏わなければなりません。
  3. 当社は、本条に基づき当社が⾏った⾏為によりユーザーに⽣じた損害について⼀切の責任を負いません。

15. 秘密保持

  1. 本規約において「秘密情報」とは、利⽤契約⼜は本サービスに関連して、ユーザーが、当社より書⾯、⼝頭若しくは記録媒体等により提供若しくは開⽰されたか、⼜は知り得た、当社の技術、営業、業務、財務 、組織、その他の事項に関する全ての情報を意味します。但し、(1)当社から提供若しくは開⽰がなされたとき⼜は知得したときに、既に⼀般に公知となっていた、⼜は既に知得していたもの、(2)当社から提供若しくは開⽰⼜は知得した後、⾃⼰の責めに帰せざる事由により、刊⾏物その他により公知となったもの、(3)提供⼜は開⽰の権限のある第三者から秘密保持義務を負わされることなく適法に取得したもの、(4)秘密情報によることなく単独で開発したもの、(5)当社から秘密保持の必要なき旨書⾯で確認されたものについては、秘密情報から除外するものとします。
  2. ユーザーは、秘密情報を本サービスの利⽤の⽬的のみに利⽤するとともに、当社の書⾯による承諾なしに第三者に当社の秘密情報を提供、開⽰⼜は漏洩しないものとします。
  3. 第2項の定めに拘わらず、ユーザーは、法律、裁判所⼜は政府機関の命令、要求⼜は要請に基づき、秘密情報を開⽰することができます。但し、当該命令、要求⼜は要請があった場合、速やかにその旨を当社に通知しなければなりません。
  4. ユーザーは、秘密情報を記載した⽂書⼜は磁気記録媒体等を複製する場合には、事前に当社の書⾯による承諾を得ることとし、複製物の管理については第2項に準じて厳重に⾏うものとします。
  5. ユーザーは、当社から求められた場合にはいつでも、遅滞なく、当社の指⽰に従い、秘密情報並びに秘密情報を記載⼜は包含した書⾯その他の記録媒体物及びその全ての複製物を返却⼜は廃棄しなければなりません。

16. その他

  1. 本サービスに関する当社からユーザーへの連絡は、本アプリ内の通知、その他、当社が適当と判断する⽅法により⾏ないます。
  2. 本サービスに関するユーザーから当社への連絡は当社が指定する⽅法により⾏っていただきます。
  3. 本規約のいずれかの条項が何らかの理由により無効⼜は執⾏不能である場合であっても、本規約の他の条項が無効⼜は執⾏不能となるものではありません。
  4. 裁判所において本規約のある規定が無効⼜は執⾏不能とされた場合、当該規定は有効かつ執⾏可能となるために必要最⼩限度の修正がなされた内容として解釈されるものとします。
  5. ユーザーは、当社の書⾯による事前の承諾なく、利⽤契約上の地位⼜は本規約に基づく権利若しくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。
  6. 当社は本サービスにかかる事業を第三者に譲渡(事業譲渡、会社分割その他態様の如何を問わないものとします)した場合には、当該譲渡に伴い利⽤契約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びにユーザーの登録情報その他の顧客情報を当該譲渡の譲受⼈に譲渡することができるものとし、ユーザーは、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。
  7. 本規約の準拠法は⽇本法とします。
  8. 本サービスに関するユーザーと当社との間の⼀切の紛争は、東京地⽅裁判所を第⼀審の専属的合意管轄裁判所とします。

附則(iOS端末を利⽤するユーザー)

この附則は、Apple Inc.(以下「Apple」といいます)が提供するiOS端末で本アプリを利⽤するユーザーに適⽤されます。この附則と他の規定との間に⽭盾抵触がある場合、この附則が優先します。当社は、ユーザーが、iTunes Storeサービス利⽤規約の使⽤規則に定めるところにより、ユーザーの個⼈的、⾮営利⽬的のために本アプリをダウンロードし使⽤するユーザーのみに限定した、⾮独占的、譲渡不可の使⽤権をユーザーに許諾し、ユーザーはこれを取得します。Appleは、以下のような場合を含め、ユーザーの本アプリの所持⼜は使⽤に関するユーザー⼜は第三者からのいかなる訴えについても、責任を負いません。

  1. 製造物責任の訴え
  2. 本アプリが法令⼜は規制上の要求に合致しないという訴え
  3. 消費者保護法⼜は同種の法令に基づく訴え
  4. 本アプリ⼜はユーザーによる本アプリの使⽤がユーザー⼜は第三者の知的財産権を侵害しているというユーザー⼜は第三者からの訴え

ユーザーは、Appleが本アプリに関するメンテナンスやサポートのサービスを提供する義務のないことを承諾します。

本アプリは、東京都渋⾕区渋⾕4-5-6に本店を置く株式会社Ariiが提供しています。本アプリに関するお問い合わせ先は、16 「その他」をご覧ください。ユーザーは、アメリカ政府の禁輸措置の対象国⼜はアメリカ政府によりテロ⽀援国家 に指定されている国に居住していないこと、また、ユーザーがいかなるアメリカ 政府の禁⽌⼜は 制限 リストにも掲載されていないことを表明し、 保証するものとします。ユーザーは、Apple及びAppleの⼦会社が本規約の第三者受益者であること、また、ユーザーが本規約の条項を承諾することにより、Appleが、第三者受益者としてユーザーに本規約を強制する権利を有する(また、権利を 承諾 したものとみなされる)ことを承諾するものとします。

Android OS端末を利用するユーザーに関しても、この附則と同等に、他の規定との間に⽭盾抵触がある場合、Google Playサービス利⽤規約の使⽤規則の定めが優先されます。

 

以上

制定2019年3⽉29⽇

2019年6⽉3⽇改定

2019年6⽉23⽇改定

2020年11⽉30⽇改定

2021年3⽉22⽇改定

2021年6⽉13⽇改定

2021年9⽉15⽇改定

 

  1.  
  1.  

この記事は役に立ちましたか?

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています